イビサクリームの成分は高級化粧品と同じ!安いのにこんなに贅沢!

 イビ美

はじめまして!
シミケアの為に美容皮膚科に通う管理人のイビ美です。
イビサクリームはワキやデリケートゾーンなど、
全身の黒ずみケアをしてくれるクリームと聞いたのですが
どんな成分が配合されているのか、
徹底的にリサーチしてきましたよ!

イビサクリームの全成分

イビサクリームの有効成分として代表的な成分は

・トラネキサム酸
・グルチルリチン酸2K

この二つです。

トラネキサム酸

トラネキサム酸は美白効果が医学的にも認められている成分で、
元々は湿疹や蕁麻疹、喉の腫れ、口内炎などの治療に使われていたのですが、
メラニン色素細胞を活性化させる「プラスミン」の働きを抑えることがわかり、
シミや肝斑
の治療として使われるようになりました。

 

第一三共から発売されている『トランシーノ』
って、聞いたことがある方が多いと思いますが、
トランシーノもトラネキサム酸が主成分です。

また、資生堂が販売している『HAKU』
トラネキサム酸が有効成分として使われています。

HAKUの美容液は1本10000円、
トランシーノのサプリメントも2か月分で6300円と
しっかり美白効果の証明されている商品なのでなかなか高額ですね!

グルチルリチン酸2K

グルチルリチン酸2Kは敏感肌用の化粧水などに使われることの多い成分で、
抗炎症作用、抗アレルギー作用が期待できます。

名前的に人工的な感じがしますが、元は甘草という植物の根や茎から抽出した成分なので、
天然由来の成分です。

炎症を抑える効果もあるので、ニキビ用化粧品にも使われることが多く、
クレアラシル等にも使われているんですよ^^

イビサクリームは黒ずみケアなのに、抗炎症って関係ある?って、思いますよね。

実は大アリなんです!!

肌の黒ずみの主な原因は、日焼け、衣服の擦れなどによる炎症の刺激によって、
皮膚の奥にあるメラノサイトという細胞からメラニン色素が異常発生するためなんですね。

なので、ワキの黒ずみが気になる人と言うのは、事故処理でカミソリ等の刺激、
服がすれることによって黒ずんでいるという事です。

 

グリチルリチン酸2Kそのものには美白効果はありませんが、
「抗炎症効果・抗アレルギー効果」という効能によって、色素沈着の原因を防ぐことができるんです!

 

トラネキサム酸と合わさることによって、
黒ずみに有効にアプローチしてくれるという事ですね♪

4つの植物成分

イビサクリームには、トラネキサム酸とグリチルリチン酸2K以外にも
美白効果と、お肌に潤いを与えてくれる成分がたっぷりと含まれています!

◆サクラ葉抽出液

メラニン生成抑制作用もあり、くすみ、色素沈着対策、美白作用が期待できます。
かゆみや炎症を抑えてくれる効果、保湿効果も。

◆カモミラエキス

炎症を鎮める効果、保湿、血行促進、さらに美白作用も期待できます。
保湿効果で肌のバリア機能を高めたり、毛穴をキュッと引き締めてくれる効果も!

◆ダイズエキス

強いメラニン生成抑制効果によって、シミなど肌の色素沈着を防ぐ効果があります。
ニキビ予防や肌荒れ防止効果も。

◆オウゴンエキス

美白効果や代謝促進効果が期待できます。
保湿効果にも優れているので多くの化粧水で使われている成分です。

 

黒ずみの原因となるメラニンにアプローチしてくれる植物成分です。

どの植物成分も美白に有効なので、薬用成分の美白効果をさらにグッと後押ししてくれますよ^^

 8種類の潤い成分でしっとり潤いキープ!

イビサクリームには美白効果に有効な成分の他にも、
お肌をしっとりと保湿してくれる潤い成分が8種類配合されています。
お肌が乾燥していると色素沈着が起きやすくなるので、
美白+保湿のケアは黒ずみを無くすのには絶対必要!
理想的な肌状態に導いてくれますよ^^

 

◆ヒアルロン酸ナトリウム(2)

誰もが聞いたことのあるヒアルロン酸。
高い保湿力・保水力を持ちます。
年齢とともに減少してしまうので、たっぷり補いたいですよね。

◆シロキクラゲ多糖体

ヒアルロン酸のさらに上を行く保水力。
楊貴妃はシロキクラゲを漬けた水で毎朝洗顔していたそうですよ!

◆乳酸ナトリウム液

抗菌作用と保湿、美白効果があります。

◆ローズ水

女性にとって嬉しい効能がいっぱいなのがローズ水です。
傷や炎症の治りを早くしてくれたり、
抗酸化作用でシワなどの老化を防いでくれる働きも!

◆BG

肌への刺激が少なく、保湿と抗菌作用があります。
化粧水のしっとりタイプで使われることの多い成分です。

◆1,2-ペンタンジオール

優れた保湿性を持ち、抗菌力があるので防腐剤代わりに使われることが多いです。

◆グリセリン

安全性が高い保湿成分で、ほとんどの化粧水に使われています。
ヒアルロン酸と合わさると保湿力が増す性質があります。

◆1.2-ヘキサンジオール

保湿力とと抗菌作用があります。
肌への刺激が少なく、安全性の高い成分です。

▼イビサクリームを詳しくチェック!▼

【薬用イビサクリーム】公式サイトはこちら

イビサクリームにハイドロキノンが含まれていない理由

『トラネキサム酸』は、医薬部外品の成分として、厚生労働省で認められた美白成分なのですが、
他にも美白成分と言うと『ハイドロキノン』という成分を聞いたことがある方も多いかもしれません。

このハイドロキノン、私も美容クリニックで処方してもらったこともあるのですが、
美白に対して即効性のある効果があり、シミを消すのに有効と言われています。

即効性のある美白効果があるなら、イビサクリームにも配合してくれたらいいのに…
と思いますよね。

でも、美容クリニックの先生にも、処方されるときに注意事項をいくつか挙げられました。

しっかり使用法を守らないと、副作用があって危険なんです。

・ハイドロキノンを塗った後に紫外線対策をしないとシミになる。

・赤み、かゆみ、痛み、ヒリヒリ感が出ることがある。

・長期の使用で肌に白斑や白抜きになる。

ですので、デリケートゾーンや皮膚の薄いワキ等に使うのには
ハイドロキノンは不向きなんですね。

イビサクリームの成分は、赤ちゃんの肌に使っても大丈夫なものしか使われてないので、
安心して使うことが出来ますよ^^

 

ちなみに、イビサクリームの販売店の情報はイビサクリームの販売店を探せ!各薬局を徹底リサーチ!
を参考にして下さいね。

イビサクリームが効かない?そんな事ある?

イビサクリームの口コミを見ていると、黒ずみに効果を感じないという声もちらほら見かけます。

「え?有効成分とか言って、結局効果ないんじゃ意味無いんだけど!」

と思いますが、効果が無いのではなく、実はこの口コミには共通点がありました。

 

それは…

使う期間が短すぎるという事!!

みなさん、焦りすぎです~!!

 

美容クリームを塗って1週間や2週間で効果が出ないというのは当たり前!

むしろ、2週間やそこらで効果があったというのは「気のせいなんじゃ?」と思ってしまいます。

 

というのも、肌の生まれ変わりと言うのは28日周期で起こります。

皮膚が生まれて、垢となって剥がれ落ちるまでの期間ですね。

 

イビサクリームを塗り始めたからと言って、1週間や2週間ではまだ肌は完全には生まれ変わっていません。

なので、黒ずみが完全に消えることはあり得ないんです。

 

その上、洋服でこすれたり、
脇でしたら自己処理でカミソリを使うこともあるでしょう。

そうすると、より色素が濃くなってしまうので、
さらに時間はかかってきます。

 

黒ずみケアをするならば、イビサクリームを塗るだけでなく、
締め付けの強い洋服を避けたり、カミソリでの処理を電気シェーバーにするなど、
肌にダメージを与えないようにすることを意識してあげると
さらに効果を実感するまでの時間は短縮されますので、
是非お試しくださいね♪

▼気になる黒ずみをキレイにしよう!▼

薬用イビサクリーム公式サイトはこちら